戸塚優斗の怪我の状態は腰に痛みがあるが大きなものではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平昌五輪オリンピックでの競技のハープパイプに
出場した戸塚優斗選手。

そんな戸塚優斗選手はハープパイプの競技中の
2回目に転倒して強打してしまいました。

自力で立ち上がることはできずに病院に
救急搬送されてしまうことに競技3回目は
棄権ということになりました。

そんな戸塚優斗選手の怪我の状態に関して
調べてみることに。

スポンサーリンク

戸塚優斗の怪我をした時の状況

戸塚優斗選手は、2月14日にハープパイプという
競技で怪我をしました。

このハープパイプというのはそのままの通り
円筒を半分にして横に倒した形状の雪の構造
物なのだがふちからふちへ勢いをつけ飛び
回転したり高さを出す競技となっている。

平昌五輪では、予選と本選があるのだか
戸塚優斗選手は見事予選を突破し本選へ。

本選は3回チャレンジができ、その中で点数
が高いのが記録される。

戸塚優斗選手はその本選の2回目に転倒して
しまった。
転倒したのはハープパイプの着地をするふち
の部分。

転倒したことにより、自力で立ち上がること
ができずに担架で運ばれてしまいました。
その後は、3回目の競技にはでれませんでした。

戸塚優斗の怪我の状態

戸塚優斗選手は自力で立ち上がることができずに
救急搬送されてしまいましたが
怪我の状態はどうなってるのかということ。

戸塚優斗選手は腰に痛みがあると訴えている
みたいなのですが大きな怪我ではないみたい
です。

CT検査などしたそうなのですが骨折などは
していないということみたいです。

なので選手村に戻ったみたいです。

おわりに

戸塚優斗選手は自力で立ち上がることが
できずに担架で運ばれてしまいました。

そんな中救助するまで時間がかかりすぎ
ということも言われていましたが大きな
怪我ではないということだったんだ。

なので、選手生目にかかわらない転倒だ
ったのでよかったと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

       ドラゴンの子