keikoの病状の後遺症は記憶障害と子供みたいに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小室哲哉さんが記者会見で引退することになりましたが…
その場でKEIKOさんの病状など具体的に話す場面もありました。

歌手で活躍されてきたKEIKOさんなんだけど…
くも膜下出血で現在の病状や後遺症などについて詳しくみてみたい
と思います。

今回気になったワードは「KEIKO 病状 後遺症」「記憶障害 子供みたい」
といったワード。

  • 小室哲哉が語るKEIKOの病状と後遺症は?
  • KEIKOの後遺症は記憶障害?
  • 子供みたいになってしまった?

という上の3つに関して調べてみることに。

スポンサーリンク

小室哲哉が語るKEIKOの病状と後遺症は?

KEIKOさんは2011年の10月に突然くも膜下出血したんですね。
それから7年になりますがそんなKEIKOさんの今の状況はどうなって
いるのでしょうか。

小室哲哉が記者会見で語ったKEIKOさんに関して調べてみることに
してみたわけなんですね。

  • 身体的な後遺症がなく、高次脳機能障害とか
  • 脳のちょっと障がい
  • 女性から女の子みたいなかたちのすごく優しげな性格
  • 小学4年生ぐらいの漢字のドリルとかは楽しかったり
  • 大人の女性に対してのコミュニケーションができない

といろんなKEIKOさんのことを明かしていたんですね。

そんなKEIKOさんは、上みたいなことになっているとのこと。
ではそんなKEIKOさんの後遺症はどれくらいなのでしょうか。

高次脳機能障害とも語られていたのですので…
なので調べてみることにしてみたんです。

KEIKOの後遺症は記憶障害?高次脳機能障害とは!

小室哲哉さんが高次脳機能障害という言葉を発しました。
この高次脳機能障害というのを調べてみることにしてみたんだ。

高次脳機能障害とは、人が人間らしさを発揮できる所以が高次脳機能です。人の脳には、下等な動物にもある呼吸など生命維持に必要な部分や運動や感覚に必要な部分に加えて、物を覚えるとか判断するという高度の機能と関係した新しい部分があります。これら、人にしか存在しない部位が障害されると高次脳機能障害が起こります。

記憶障害とのこでしたが、KEIKOさんは歌手をしていました。
そのKEIKOさんは、「音楽の部分が、脳のどこの部分なのかわからないですけど、興味がなくなってしまって。」
と小室哲哉さんは記者会見でコメントしていたんだ。

歌手であったKEIKOさんが音楽に興味を示さなくなったということ。
なのでそういった部分では記憶障害が起きてしまったのではないかと思います。

やはり脳の障害は後遺症など怖いですね。

KEIKOは記憶障害で子供みたいに?

小学4年生ぐらいの漢字のドリルとかは楽しかったり女の子みたいになってしまった。
という小室哲哉さんのコメント。

これでわかるのは子供みたいになってしまったのでは?
ということなんですね。

記憶障害で大事なものを忘れてしまったのではないかって思います。
なので記憶の覚えているものがあまりなくなり…
子供みたいになってしまったのではないかと考えられます。

まとめ!

  • 小室哲哉さんが記者会見で語った
  • 記憶障害で音楽に興味をもたない
  • 子供みたいになったのは記憶障害で

ということになりました。

引退ということで今後も介護をしていくのでしょうけど。
見た感じは相当疲れ切っています。

KEIKOさんも音楽に興味を持たなくなり小室哲哉さんは残念だった
でしょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

       ドラゴンの子