石川佳純の練習パートナーは前田雄紀!歌舞伎町ではホストも店名は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石川佳純選手の練習パートナーが暴行をしたということで話題になって
いますよね。

暴行したと話題になったしまったのはフライデーで掲載になってしまった
ことから。

そんな暴力を振るったのとされるのが前田雄紀さんではないかということが
ネットでは特定されてしまっているよう。

そこで、前田雄紀さんの経歴など見ていきます。

スポンサーリンク

前田雄紀のプロフィール!

顔画像はこちら

年齢:33歳

学歴:明治大学

 

Twitterも前田雄紀さんのがあったのですが2011年で更新は
止まっているそうです。

なので、最新ではないみたいなんですね。

石川佳純の練習パートナーは前田雄紀が特定で暴行事件。

前田雄紀さんがネットで特定されてしまったのはフライデーで掲載している
画像と吉祥寺卓球クラブの画像でわかったみたいです。

 

そんな暴行事件の内容は…

「何度も『痛い! やめて!』と懇願してもあの男は止めてくれず、30分以上も蹴られ続けました。本当に怖かった……。
やっと解放されて家に帰ったんですが、次の日、朝起きると、太ももに大きな青あざができていました」(被害女性の西田優子さん・仮名)

「Aさんとは今年の1月に知り合いました。かっこいいなと思って、彼がホストをやっているお店に通うようになったんです。でも通いすぎて、売掛をするようになっちゃって……」

売掛金とは要するに、店への借金のことである。優子さんは風俗嬢として稼いだカネで返済をしながら店に通ったが、売掛金は増えるばかりだったという。
「そんな生活をしていたある日、友達から『奢(おご)るから(A氏の店とは別の)ホストクラブに遊びに行こう』と誘われたんです」

前述したとおり、A氏は歌舞伎町のホスト界では有名人である。この優子さんの“浮気“は、すぐにA氏の耳に入った。売掛金を払わず、他の店に遊びに行った優子さんに、A氏はキレた。
「Aさんの店に呼び出されて、『なんで他の店に行ってんだよ!』と言われながら、左足で太ももを何十発も蹴られました。逃げようと思ったんですが、他にも関係者がいて囲まれていたのでそのまま耐えるしかありませんでした……」

この“回し蹴り“暴行現場に居合わせた、店の関係者もこう証言する。
「その日、優子はショートパンツ姿で、太ももは無防備でしたから相当痛かったと思います。後日、彼女が『大変なことになっている』と、蹴られた太ももの写真をSNSにあげているのを見て、Aを止めるべきだったと反省しました」

さらにA氏は、優子さんに対し、肉体的にだけでなく、言葉の暴力もぶつけていたという。
「毎週、売掛金を返しに行っていたんですが、そのときにいつも、『もしお前が飛んだら(逃げたら)、絶対に探し出して中国に肉便器として売り飛ばす』と言われていました」(優子さん)

 

ということが12月30日のフライデーで掲載をされたのです。

そんな練習パートナーは前田雄紀さんということが特定されてしまって
いるのですが…

ホストもしていたみたいなんですね。

スポンサーリンク

石川佳純の練習パートナーは前田雄紀でホストも。

本誌は12月半ば、勤務先の卓球クラブから出て来たAコーチを直撃した。

――歌舞伎町でホストとして働いていたのは事実でしょうか。
「はい。そうです」

――’18年の6月頃に女性に対して暴行を加えたと聞きました。
「それは一切ないです。ただ、ツケを払いたくないと言われて、話し合いにはなりました」
そう語ると、A氏は足早に歩き去っていった。

 

ということで、前田雄紀さんはホストをしていたことを認め…

暴行については否定をしているんです。

ホストということなんですが歌舞伎町のホストだったそう。

店名についても調べてみたのですがどこの店なのかはわかりませんでした。

おわりに

この年末にきてフライデーで掲載をされてしまったわけなんですが…

画像で、前田雄紀さんということが特定をされてしまったみたいですね。

石川佳純さんとかの練習パートナーということなので一応は有名な人のそば
にいるのですから気を付けてほしいと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

       ドラゴンの子