【脚本家】橋本忍が死去していた。子供2人も脚本家だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の訃報で驚きを感じましたが脚本家の橋本忍さんが死去したという
ことで話題になっています。

そこで、橋本忍さんに今回は注目していきたいと思います!

橋本忍さんの死去についてや死因について見ていきます。

橋本忍さんの子供についても見ていきます。

スポンサーリンク

橋本忍が死去していた。

橋本忍さんは脚本家として活躍していたんですね。

そんな橋本忍さんに訃報があったのは2018年の7月20日の
ことだったんですね。

橋本忍さんは2018年の7月19日に死去したそうなんです
ですけど亡くなった原因は肺炎だったそうなんです。

年齢は100歳でした。

 

橋本忍さんは「羅生門」「七人の侍」「日本沈没」「砂の器」
など数々のヒット作を生み出しています。

死去してしまったのは残念なことですけど…

橋本忍の子供も脚本家だった。

橋本忍さんはすごい脚本家であることが上の名作で分かると思いますが…

橋本忍さんの子供も脚本家だったようなんですね。

息子:橋本信吾

娘:橋本綾

とウィキペディアで確認できたのは2人の子供さんでした。

この子供たちも脚本家をしていて娘さんは終着駅の牛尾刑事 vs 事件記者冴子(2010年)
を書いています。

息子さんは愛の陽炎(1986年)旅路(1986年)など書いていました。

なので、知っている方は知っているのではないかって思います。

スポンサーリンク

 

おわりに

橋本忍さんが死去していたということで調べてみました。

まさか、偉大な方が亡くなっていたという訃報でかなりびっくり
してしまいましたね。

橋本忍さんの葬儀については近親者のみでするそうなんです。

なので、後日にお別れ会をするのかもしれませんね。

そんな橋本忍さんの葬儀の喪主は娘の綾さんがするみたいです。

橋本忍さんのご冥福をお祈りいたします

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

       ドラゴンの子